オキシポロンの特徴と効果

オキシポロンは、ジヒドロテストステロンの誘導体のアナボリックステロイドの分類になります。同じジヒドロテストステロンの誘導体のアナボリックステロイドは、ウィンゾロン、プリモノロン、ハロフルオックス、アナドリンなどがあります。オキシポロンの特徴として、通常ジヒドロテストステロンは女性ホルモンに還元することはないのですが、オキシポロンに含まれているジヒドロテストステロンの誘導体は女性ホルモンは変換されないにもかかわらず、女性化作用の体内の水分蓄積、脂肪の増加、女性化乳房などを引き起こす可能性があります。また、オキシポロンは経口での接種のため体内で長くその効果を持続するために化学加工が施されてます。これは肝臓にとって有毒なのものであり、長期に渡って摂取することで肝機能障害を引き起こす可能性があります。その他に男性ホルモンの減少、薄毛・抜け毛の原因となる男性型脱毛症を引き起こす可能性もあります。オキシポロンは、筋肉増強の効果を経口種の中では最も強い効果を発揮するものではありますが、副作用のことを考慮しながら正しく使用しなければいけなのが特徴です。